関西の火達磨男性は浮気していた?

今朝のニュースで、関西の方で男性が火達磨になり近くの電気設備会社に逃げ込んだっていう事件の容疑者が逮捕されましたね。

最初は通り魔とか、怨恨だなって思っていたのですが、どうやらお付き合いしていた女性が浮気をした男性に愛の鉄拳を食らわせたみたいなんですが、当の本人は容疑を否認しているという事です。

浮気をした男性を消毒する為に消毒液をかけた、、、その後、男性がタバコを吸う為に火をつけたら燃えてしまったという供述をしているようですね。

消毒に使ったのはエタノールという第一級アルコールに分類されているアルコールの一種で、揮発性が強くて燃料としても用いられるものです。ドラッグストアや薬局でも燃料用のアルコールって手に入りますのでこの女性が持っていてもそんなに不思議な事ではないですね。

また、アルコールの火って明るい日中だと目に見えにくいものなので大変危険ですよね。

この男性が浮気したという事実は本当のことなのかもしれませんが、その事実はアルコール消毒では消えないんです。このことで、浮気された女性に汚点がついてしまいアルコール消毒では落ちない過去が刻まれてしまいました。

男性も火傷の後遺症や痕は永遠に残るでしょう。

浮気をしたからといっても消毒液かけちゃ駄目ですよ。安心・安全な探偵事務所にご相談下さい。