事前準備が大事です

いかなる職業も事前準備が大事だと思います

当たり前のことでしょうが、どんな場合においても事前準備というのはとても大切な事です。

私がこの「探偵」という業界に入った頃は「携帯電話」さえなかった時代です。証拠写真は「写るんです」や一般的なフィルムの一眼レフカメラを使用していました。一眼レフは先輩探偵たちに任せていましたが、ある日こんなことがありました。

都内某所での浮気調査の現場だったのですが、大事な場面で一眼レフにフィルムが入っていなかったのです。信じられません!当時はキャノンの一眼レフカメラだったのですが、フィルムを装てんしていなくてもシャッターが降りたんです。今のデジタル一眼レフカメラはSDカード等の記録媒体が無い場合はシャッターが降りない設定も出来ますし、液晶部分で教えてくれる機能を備えている場合もありますし、コンパクトカメラの種類によっては本体の記録装置に保管してくれる機種もありますので、記録媒体が無くても大丈夫な場合があります。私のコンパクトカメラはそういう機種を選ぶようにしています。

フィルムだった当時はコンビニエンスストアに行けば簡単にフィルムを調達出来ましたが、高感度タイプのフィルムは中々手に入りませんでした。今はカメラ本体で高感度設定が出来るので、記録媒体によって左右されることはありません。高感度タイプのフィルムはヨドバシカメラやビックカメラ等の大型量販店に行かなければ手に入れることが出来ませんでした。

今考えれば本当に不便な事でしたね、、、

しかし、今はそんなことはありません。昔の失敗を経験しているからこそ、完璧(とまで言えないが)な事前準備が出来るのではないかと思います。デジタルカメラに記録媒体が入っていない場合は調査員の使用している他のデジタルカメラから入れ替えすることも出来ますし、カメラバックに予備を数個入れておけばいいのです。以前のフィルムのように使用期限があるわけでもないですし、「記録写真」を撮影するだけなので、どの記録媒体でも同じです。しかし、信頼の置けるメーカーを使用するのは当然です。

このほかにも最近のスマートフォンはついつい触ってしまうクセが付いているのか、電池の消費が激しいです。私はいわゆるガラケーとスマホの二台持ちをしているので、大事な連絡はメインのガラケーです。スマホはまぁ、たまに地図見たりするくらいで、バッテリーがなくなっても支障はでません。

それと予備のバッテリーも持っているのでそんなに困ることはないです。弊社の調査員の中には現場に来て10分も経たないのに、車両で充電したりといったことがあります。私の基準からすると信じられないのですが、調査に入る前に100パーセントまで充電しておくべきでしょう。

弊社ではすべての調査機器は予備のバッテリーは常に用意してあります。携帯電話に関しては調査員の私物なので、各自用意しているはずです。

車両に関しては常にガソリンは満タン、ETCカードも出来れば抜かないでいつでも調査可能な状態にしておくこと。というのが大事です。以前、尾行調査で都内から大阪まで向った車両を尾行した事があるのですが、名古屋付近でガソリンの残量が怪しくなってしまい、調査不可能に陥ったことがあります。勿論ガソリンは満タンにしておきましたが、朝から始めた仕事で夕方過ぎに大阪方面に向いました。多少はガソリンは減っていたと思いますし、相手が何処まで行くのか予想も出来ませんでいした。尚且つ相手は長距離トラックでかなり遠方まで走行できる車両のようでした。

当方は一般的な小型の国産車。そこまで燃費の良い車両ではなかった為、泣く泣く途中のインターチェンジで一般道に降りてしまいました。調査自体は数日後に所在を突き止めたので成功はしました。こんな事もあるんです。

また、都内から調査中に羽田から沖縄に向う高齢の人物を尾行したこともあります。これは現金を常に所持しているか、クレジットカードを持っていないと対応不可能です。羽田から飛行機乗ったからといって調査を途中で止める事はできないのです。こうした経験がないと、ある程度の金額を所持しているか、カードを持たなくなってしまいます。私はカードの他、私物のETCカードも所持しています。出張先でレンタカーを借りてもすぐに運用することが可能です。

こうした思いがけないシチュエーションに対応できる事前準備はとても大事です。

お問い合わせ